まつげエクステならではのデメリットとは

まつげエクステの最大のメリットといえば、付けたままでよいというところでしょう。時間との戦いでもある朝の時間帯、メイクをする時間さえも惜しいものです。アイメイクまで、しっかりとする余裕もないときだって、目元の美しさは整っています。とにかく朝のメイクも楽になります。マスカラよりも、はるかに自然に見えて、華やかさも出てくる素敵なアイテムです。そんなエクステにも、デメリットもあります。

まつげエクステは、アイラッシュサロンを利用する人も多いでしょう。最大のデメリットかもしれないのが、サロン利用時のお値段です。可愛い目元にしてくれますが、施術費用が高いのです。エクステの費用は、そのサロンによっても異なります。安いサロンを選ぶことで、費用を抑えられるかもしれません。しかし、技術力も同じく低ければ、逆に高くついてしまうでしょう。

アイラッシュサロンを利用するときには、費用ではなく技術の高さを選ぶ事が大切です。アイリストの技術は、誰もが同じではありません。その店で支払う費用は同じでも、技術者のレベルによって、その後のエクステの持ちも違います。ですから、技術力の高いスタッフに、エクステをつけてもらうことも重要なポイントなのです。目元の美容になりますから、技術力が低いのは、トラブルが起きたりと、安くてもデメリットになってしまいます。自分で信頼できるサロンと、技術者を見つけることも大切です。

まつげエクステのデメリットとして、エクステが落ちるときに、自まつ毛も一緒に落ちてしまうことがあります。もともと少ないまつ毛であれば、切ないとしか言いようがありません。短いまつ毛の人であれば、グルーの装着と安定感がよくないため、取れやすくなります。こういった状況を改善するためにも、まつげのケアをしていくことが重要となってきます。

エクステを利用するようになったら、自まつげもダメージを受けるようになるため、こまめなケアをしてあげましょう。美容液を購入して、毎日つけてあげることも大切です。アイラッシュサロンでは、エクステの装着だけでなく、まつげの美容ケアもメニューに加えていますから、利用するのもよいでしょう。エクステによる負担を軽減する目的ですが、自まつげを健康にするのにも役立ちます。

エクステを利用するようになったら、オイルタイプのクレンジングは使えません。今まで使っていたのがオイルだとしたら、デメリットに感じるかもしれないです。ですが、ミルクタイプなどは肌にもやさしいので、エクステのためにも、肌のためにも負担が少なくて済むでしょう。