アイリストの全国で開催される勉強会

女性たちの間で常に話題となっているまつげエクステ、目元の印象がぐっと華やかになることから、素顔も美人になれると、若い女性から年配の女性までファンは非常に多いといわれています。テレビで見る芸能人の中にも愛用者はおり、どんな近距離から見られても、自信が持てる目元を演出できます。温泉やプールでも取れないので、女性に取ってはこれ以上ない便利アイテムなのです。

さてこのまつげエクステは、アイラッシュサロンといわれるお店で、アイリストと呼ばれる方に施術を行ってもらいますが、このアイリストは美容師の免許を持っていれば誰でもなれるといわれています。しかしこの施術は、非常に高いスキルが求められるもので、資格を有していればそれでいいというような単純なものではなく、日々練習を積み、技術力の向上に努める必要があります。

まつげエクステ業界も、日々進化しているので、次々と新しい商材が開発されており、現状維持するだけではなく、それらを使いこなせるようにならなければなりません。まつげエクステにも流行り廃りはあり、最先端のデザインなど常に意識し、それを作りだせるように勉強しなければなりません。

全国でも、あらゆる地域で勉強会が開かれており、新しい商材に対する知識を習得すると同時に、自分が施術者側になって試して見たり、施術を受けるモデル側として体験して見たりと、身をもって勉強しなければなりません。まつげエクステを愛するすべての女性に、美しく、長く、そして自まつげを傷ませないように装着できるように、アイリストたちは改良された接着剤や人工毛を使いこなす技を身につけるべく、練習を重ねるしかないのです。

顧客の自まつげ、目の形、そして肌質は千差万別なので、どんな方が来店されても、トラブルを起こさずに喜んで帰ってもらえるような仕上がりを提供する義務があるので、自分の技術力を過信せず、施術に入る時は常に緊張感をもって基本に忠実に行うことが、次回の来店も促すことのできるサービスにつながるのではないでしょうか。

毎日同じ作業をしていると、時には慣れから思いもかけない失敗をしてしまうこともあります。しかしこの施術に使用するピンセットや接着剤は、時にはとんでもない過失につながることもあります。女性の命ともいえる顔、ましてや最もデリケートな目元を扱う施術なので、注意力が散漫にならないように、十分な休憩も入れながら行うことも大切です。