【まつげエクステ】は恐くない!施術の不安を解消しましょう

まつげエクステはまつげが細くて短い人にオススメ

東洋人は西洋人に比べて、まつげが下向きに生えており、短く細いという特徴があり、ボリューム不足に悩み、目力をつけようとまつげ関連のメイクアイテムを使う方が圧倒的に多いといわれています。その為、毎日のメイク時にアイメイクにかかる時間は特に長く、朝の忙しい時など思い通りに仕上がらないと、一日中憂鬱な気分になってしまうという方も少なくはありません。

数年前から話題となっているまつげエクステは、自まつげが細い、あるいは短いという悩みを持つ方は、特にオススメしたい人で、様々なアイメイクアイテムを塗り重ねなくても、素顔でもぱっちりとした長く濃いまつげに演出できるので、時間もコストも節約できます。

まつげエクステは、自分のまつげに専用の接着剤で、人工の毛を装着していくのですが、この人工毛には長さや太さ、カールの角度など様々なものがあるので、自分がなりたいイメージに合わせたまつげのデザインが可能です。短いことがコンプレックスで繊維入りのマスカラが手放せなかった人も、一本一本が細いためボリュームマスカラを何回も重ね塗りしていた人も、まつげエクステで即解決できます。

人工毛には下まつげに使用してもおかしくないほど短いものから、お人形レベルの長いものまでミリ単位で揃っているので、自分の二重の幅、まぶたと眉毛の幅を参考に、カウンセリングで細かく決めていきます。その人の目の形や縦と横の幅によっても全く仕上がりは違ってくるので、アイリストと時間をかけて、納得いくまで希望のデザインを決めましょう。

優良サロンであれば、このカウンセリングはお客さんの持つ希望のイメージを聞きながら、かつ、その方の目の形に合ったデザインをじっくりと相談に乗ってくれるので、あまりに時間を割かずに施術に入るサロンは要注意です。

またエクステの持続性を考えると、自まつげが短い人は、あまりにも長い人工毛をつけると、接着面が少なすぎて持たなくなってしまうので、日常生活でできるだけ摩擦が減らせるような長さにしておくことも大切です。まつげが長いと、洗顔時などタオルの繊維をひっかけて抜けてしまうことも多く、慣れるまでは丁寧に扱うこともポイントです。

また細くこしのない自まつげの方も、あまりにも太いタイプの人工毛をつけると、自まつげに負担がかかりすぎてしまうこともあるので要注意です。人工毛にも、自まつげの二倍以上はある太さのものもあり、濃くは見えますが、まつげが弱い方には不向きです。

まつげエクステならではのデメリットとは

まつげエクステのデメリットは、費用が高いことも大きいです。エクステと自まつげが一緒に落ちるのも、切ないことです。

0

まつげエクステのスクールのフリータイム制について

まつげエクステのスクールは、色々な職業の方が学んでいます。
仕事をしながら通っている方が多いので、フリータイム制で行っているところが多いです。

0

アイリストの全国で開催される勉強会

まつげエクステの新しい商材などの紹介も含め、全国では様々な地域でアイリスト対象の勉強会が開催されています。

0

まつげエクステの種類:ミンクエクステ

ミンクエクステはまつげエクステの種類のなかでもとても人気のある素材で、人気があります。
ナチュラルなイメージにすることが可能です。

0